Main image
21st 11月
2014
written by admin

私が古臭い人間だからかもしれませんが、
昨今の転売ブームに今ひとつついていけていません。

最近はアマゾン輸入がブームになっているとかで、
私の娘もパソコンでなんか色々と作業をしています。

なんか個人でも物販をしているというのは
考えてみるとスゴい時代ですよね。
資格とって土地借りてお店開いて・・・という
私達の時代からは正直考えられない話です。


自社生産でもない限り、突き詰めてしまうと
物販というのはどこかから仕入れ、その仕入れ値より高く売る
という意味で”転売”事業であることは否定出来ないのですが、

一般消費者も買うような普通のお店で仕入れ、
自分のお店で高く売るというのは実店舗を持つ人間としては
正直歓迎すべき風潮ではないんですよ。


誰でも簡単にネットで物を買ったりすることも売ったりすることも
できる今の時代です。詳しくは知りませんが、昨今の転売ブームも
相まって色んな人がネットでお店を出しているのでしょう。


物販というのは信頼稼業でもあると私は教えられました。
お金を払う対価として商品を渡す。
その流れの中には顔を突き合わせる客と店員・ひいてはそのお店全体の
信頼関係があるのです。

店主の顔も見えない、実際の商品も見れない、
そんな状態の中で信頼関係を築き上げるというのは
本当に難しいと思います。

転売への考え方 はコメントを受け付けていません。
10th 12月
2015
written by admin


今年はなんだかんだで暑かったけれども、
例年に比べるとそこまでではなかったようにも思えます。

というより、前半の6月、7月がとっても暑くて、
後半はそんなに暑くもなかったような…

でも、どうだったっけ?

人間ってのはおかしなもので、
11月にも入って寒くなってくると、
もう2か月前の暑さのことなんか完全に忘れてしまうわけです。

悲しいことも大変な仕事を任されても、
人間ってのはなんだかんだでその状況に慣れてきて忘れていくものなのです。

それはとっても悲しいことであるけれども、
生きていくために忘れるということはとっても重要なのだと思います。

おっと暗い話になってしまいましたが、
そんなことはどうでもよく、いま、めっちゃさむいです。

このキーボードをたたいている最中も指が震えるくらいです。
というのも、いま外にいます。

もうさすがにダウンが欲しい季節になってきそうですが、
みなさんは今年はいい年になったでしょうか。

良い年になった人も悪いことばっかだった人も、
なんにも変わらない一年だった人もみんなとにかく元気に生きていてくれれば私はそれでいいです。

私はあまり余裕のない人間なので、
自分のことしか考えていられません。

でも、そんな冷たい私だけれども、
みんなには元気に生きていてほしいのです。

寒くてしょうがない はコメントを受け付けていません。
9th 12月
2015
written by admin

転売やせどりをやってると、
やっぱり売れないときってのはあります。

せどりで売れないときは、
仕入れが上手くいかなかったか価格改定に問題があるか、だいたいそのどっちかです。

でも、プロのせどらーさんが全部、売り払っているかというと、
どうやらそうでもないらしく、やっぱり売れないものというのは出てくるそうなのです。

しかし、彼らのこの売れないものは、利益率の高い商品なわけで、
もし、売れれば高利益が望めるってわけなんですね。

稼いでいるせどらーはここらへんのバランスがしっかりしていて、
基本は回転率が高い、低利益の商品を多く仕入れ、
その中の何割かで回転率がわりと低い高利益な商品をまぜるみたいです。

たとえ、利益率の高い商品が売れなくても、
高回転率の商品で売り上げをのばしていけば、そのまま次のせどりを行っていけるというわけです。

そう考えるとすべては仕入れの段階で考えていくべきであり、
しっかりと過去のデータから回転率などを予測して、
どの商品が売れるのかを考えていかなくてはいけないということになります。

ただ、せどりのいいところは、
この仕入れである程度、売り上げを考慮できるので、
比較的稼ぎやすいビジネスとして人気があるわけですね。

みなさんも一度、やってみる価値はあると思いますよ。

 

せどりで売れないとき… はコメントを受け付けていません。
7th 5月
2014
written by admin


爺臭い、婆臭いとは、なんてひどい言葉。
苦労して育てた息子、娘から言われたら辛い。
それも、いまどきそんな事をするなんて爺臭いとか
お母さん、そんな服着ないで、婆臭いみたいな、
少し愛情のこもったセリフのうちは
何とも気にならない微笑ましいやりとりですが、
ある日、傍に近づいてくるなり、
う、何この臭い?爺臭い。とか
お母さん達の寝室って線香臭いけど、
これって加齢臭じゃないの?
なんて言われた日には、
思わず、シャンソンの中の一節の
【なんて、ひどい言い方…ろくでなし】と、
ぼやきたくもなります。
自覚も無く、ただ単にエイジングのなせる仕業、
加齢臭ははいつの間にか染み付いてしまっている。
お線香の臭い、古い家のお勝手の臭い、カビ臭い、古本の臭いとか
様々な表現がありますが、
残念な事に、一つとしてプラスのイメージがありません。
やはり加齢臭は、【臭い】であって【香り】ではない。
嫌われ者の様です。
加齢臭の原因は、加齢とともにホルモン分泌量が減少して、
身体の汗を出す皮脂線からノネナールという物質が
分泌するのを防ぐ力が弱くなるからだそうです。
だから汗をかいたらこまめに清潔にする事が、
解決策なのですが、臭いをゼロにする事は無理だそうです。
頭皮や耳たぶの付け根まわりなど、ノネナールの好むポイントは
より清潔に心がけるしかありません。
でも、爺臭い、婆臭いの汚名返上を願う方は、
ご自分の香りを探しだして、その香り漬けをするのです。
それは楽しい日課にもなるはずです。
私は、数あるオーデコロンの中から、
優しい花の香りが気に入り、
毎日、朝と入浴後に着ける事にしました。
さっすがにマリリンモンローみたいに
シャネルの5番を着けて寝るのとは言えませんから、
もちろん厚手のネル生地のパジャマでベッドに潜り込みます。
素敵な花の香りに包まれて休むと、
極楽で、思わず口に出して、
【浮世の馬鹿、起きて働け!私は極楽、極楽、お休みなさい】
と、すぐに夢の世界へ入ります。
この毎日の香りを着る習慣は、
楽しい習慣の上、続けていると、
何となく香りが体に染みついていってる様な気がします。
茄子の塩漬けではありませんが、
確かに、還暦過ぎた私はいい匂いなのです。
その証に、先日久しぶりに訪ねて来た2歳半になる孫を、
抱き上げた時、
孫が私の胸に顔をうずめて、
【婆ちゃん、いいにおい!】って
言ったのです。

婆だからこそ花の香を纏いたい はコメントを受け付けていません。